content top

【うまいもの市】シャンシャンシャイン♪

こんにちわ~

昨日モゾに行ったらいつもの果物ジュース屋で

シャインマスカットドリンクが300円引きになっててウキウキでした♪

そんな果物大好き

「シャインマスカット キャラ」の画像検索結果

僕です!

今日もやってきましたね!

金曜日

が!!!

さぁ~て

うまいもの市

はっじっまっるよ~♪

今回も当然の前フリ通り・・・

「JA塩尻 シャインマスカット」の画像検索結果

シャインマスカット様

の登場ですぅ~☆

「JA塩尻 シャインマスカット」の画像検索結果

うわぁ~

美味しそう♪

そんな皮ごと食べれてとっても甘い種無し巨峰希少種

シャインマスカット

お時間はいつものように

第一部

15:30

第二部

20:30

です!

希望者多数の場合は抽選となります!

お時間までに

カウンター

へと、お越しくださいませ!!

したらば!

記事のページへ

【うまいもの市】オリエンタルスター、襲来

皆さんこんにちわ!

ブドウを検索したらブドウのようでブドウじゃない食べられない何かを発見してしまった・・・

「ブドウ エロ」の画像検索結果

ブドウ大好き、僕です!!

「ブドウ キャラ」の画像検索結果

またまた金曜日がやってきましたね!!

10月13日(金)

うまいもの市

はっじまっるよ~♪

じゅ・・・13金曜日だとう!?

「13日金曜日」の画像検索結果

でも。うまいもの市にはそんなもの関係なく♪

今回は山梨県産の種無し巨峰をご紹介!

その名も・・・

オリエンタルスター果実

オリエンタルスター

なんか凄そうな名前ですね!!

スタンドとかで出てきそうですね!!

「スタンド オリエンタルスタープラチナ」の画像検索結果

まぁこれはスタープラチナですが。あ、手の所がブドウみたい♪

そんな凄そうな

オリエンタルスター

とは一体・・・

「オリエンタルスター」は「ブドウ安芸津21号」(「スチューベン」×「マスカット・オブ・アレキサンドリア」)に「ルビー・オクヤマ」を交雑して育成した大粒で肉質が優れ、栽培容易な紫赤色の二倍体のブドウです。

主要特性

  •  1989年(平成元年)に果樹試験場安芸津支場(現 果樹研究所ブドウ・カキ研究部)において「ブドウ安芸津21号」(「スチューベン」×「マスカット・オブ・アレキサンドリア」)に「ルビー・オクヤマ」を交雑して育成した二倍体の系統です。
  •  1999年(平成11年)から2003年(平成15年)まで系統番号「ブドウ安芸津24号」としてブドウ第9回系統適応性検定試験に供試して検討を続けた結果、2004年(平成16年)1月の同試験成績検討会において新品種候補として適当であるとの結論を得ました。
  •  「巨峰」よりやや遅く、「ネオ・マスカット」とほぼ同時期に成熟する紫赤色の大粒の二倍体ブドウで、果粒重は10g程度です。肉質は崩壊性で硬く、「マスカット・オブ・アレキサンドリア」に近いです。糖度は高く19%程度になり、酸含量は低く、0.4g/100ml 程度です。香りは無く、「巨峰」より少しはく皮しにくいです。裂果性は「巨峰」と同様に無く、縮果病は発生しません。「巨峰」より脱粒しにくく、日持ち性は「巨峰」より長いです。
  •  樹勢の強い樹においても花振るい性は少なく、栽培容易です。一般に花房が小さく、花穂の整形に労力を要しません。また、適度に着粒し、摘粒が容易です。短梢剪定が可能です。
  •  ジベレリン25ppmを満開時と満開10~15日後に花(果)房浸漬処理することにより無核化栽培できます。無核化栽培すると有核栽培に比べ果粒重が1~2g程度増大します。開花前にストレプトマイシン200ppmを散布、または1回目のジベレリン処理時にストレプトマイシン200ppmを加用することにより無核化が促進されます。

・・・ですって!!

・・・って農研機構の堅い文章もってきても分かりづらいわっ!

ともあれ、

種無しでシャインマスカットのように皮ごと食べれそうで、糖度も高いみたいですね^^

「オリエンタルスター」の画像検索結果

これは是非おみやげにお持ち帰りいただき、

『オリエンタルスター買ってきたぞ!!』

と凄そうに言ってお子様をワクワクさせてみてはいかがでしょうか!!

そんな

オリエンタルスター

お時間はいつものように

第一部

15:30

第二部

20:30

です!

希望者多数の場合は抽選となります!

お時間までに

カウンター

へと、お越しくださいませ!!

したらば!

おっと、

名前が凄いからって、

巨峰は巨峰ですよね、

これを

忘れてました

「巨乳」の画像検索結果

だから巨乳じゃないってば!

記事のページへ

content top