こんにちわ!

桜は満開でもなんだか寒いですね~^^;

風邪ひかないようにお気をつけて♪

さて!

さてさてさて!!

本日

日(木)

木曜日ですが!!

うまいもの市

はっじまっるよ~!!!

なんせ

ですからね!!

ですからね!!

特別なうまいもの市

2日連続開催!!

それではご案内です!

まず初日の今日は!!

またもやって参りました、前回も大好評だった…

あのイチゴ!

ハイ、ドン!!

愛知県新城市

が誇る

紅ほっぺ

寒熟

「紅ほっぺ 寒熟」の画像検索結果

でお届けします!!

寒熟紅ほっぺとは・・・

宮内庁御用達の寒熟苺。標高500mを越える「作手高原」の寒冷な気候により、じっくりと「寒熟」された苺です。多数の湿原が点在する作手高原、その山々からあふれ出す清らかな水と空気に育まれた、澄んだ旨味をお楽しみください。

・・・ですって!!

そして2日目の本番

4月5日

金曜日

うまいもの市

はっ!

コレ!

「愛媛 せとか TVで話題」の画像検索結果

愛媛が誇る

せとか

の登場です!

兄コマの橘せとかは関係ありませんっw

TVなどでも取り上げられてますねっ♪

せとか

柑橘データ

エピソード(生い立ち・歴史)

平成生まれの新品種

「清見」「アンコール」を掛け合わせたものに、更に「マーコット」を掛けて育成され、2001年(平成10年)に品種登録されました。 「清見」は「宮川早生」と「トロビタオレンジ」を掛け合わせたもの、「アンコール」は「キング」と「地中海マンダリン」を掛け合わせたもの、「マーコット」は起源は明らかではありませんが、アメリカで育成されたみかん類とオレンジ類の交雑種です。せとかは、それぞれの品種の長所を生かした、究極の柑橘といえます。(系統図参照)  品種名「せとか」は育成地(長崎県口之津町)から望む地名(早崎瀬戸)、瀬戸内地方での栽培が期待されること及びこの品種のもつ良香にちなみ名付けられました。

系統図

せとかのここがオススメ!

画像

まだまだ生産量・流通量が少ない希少品種

 果実は250g程度でマンダリンタイプとしては比較的大玉です、糖度が高く食味良好の柑橘です。

 果皮は橙色から濃橙色、果面はなめらかで美しく、外皮も薄く浮き皮もなく締まっています。

せとかの熟期は2月。施設栽培されている晩生カンキツ「アンコール」、「マーコット」に比べ早熟で、無核であるためこれら2品種に替わる品種として期待されています。

画像

せとかの召し上がり方

画像

じょうのうも薄いので剥いてそのまま食べれます!

 外の皮が柔らかいので手で簡単に皮がむけ、内皮ごと食べられます。
皮が薄くてむきにくい場合は、ナイフで八つ切り(スマイルカット)にして食べるとよいでしょう。

・・・ですって!

そんな2日連続開催の

うまいもの市

お見逃しなくっ!!

お時間はいつものように2日とも

カウンターにて

第一部

15:30~

第二部

20:30~

数量限定!無くなり次第終了!!

※希望者多数の場合抽選となります。

是非是非GETして下さいね!

記事のページへ