20XX年。。。

ホールには根強く人気を獲得し続ける

3人の兄弟がいた・・・

「北斗転生 6確定」の画像検索結果

転生くん

j-1 (2)

強敵くん

「北斗修羅 6確定」の画像検索結果

修羅くん

まぁ、土ですしね。

この人気野郎どもをおさらい兼ねて

ゲーム性やらなんやらをチェックしてみようと思います。

「北斗の拳 かわいい」の画像検索結果

まずは転生くんから。

~機種概要~

パチスロ打ちなら知らない人はいないと言っていいほどの人気を誇る「北斗の拳」シリーズ最新作が遂にホールに降臨する。ゲーム性を一新しながらも、初代のシステムを彷彿とさせるバトルアクションや、新キャラクターが続々登場する演出など、見所満載の救世主の姿に虜となるプレイヤーも多いハズだ。
出玉増加の基軸となるのは、シリーズ初のATとなる「闘神演舞」。1セット40ゲーム+α、1ゲームあたり約2.8枚の増加が見込め、ゲーム数消化後にはAT継続を賭けた1ゲーム完結バトル「神拳勝舞」へ突入する。神拳勝舞は、AT中に貯めた「勝舞魂(ショウブダマ)」の数だけ発生し、1度でも勝利すればATが継続するシステムになっているため、勝舞魂を獲得するほどロング継続の可能性が高くなる。加えて、約1.1分の1で勝舞魂を上乗せする「百裂乱舞」も搭載されているので、一撃大量上乗せ=ロング継続といったことも珍しくない。ゲーム数上乗せやセット数上乗せとは違う新たな興奮を味わえるのが、闘神演舞なのだ。
さらに、通常のATとは異なる「SP(スペシャル)バトル」も本機の目玉の1つ。1セット7ゲーム+バトル8ゲームで構成され、ケンシロウがラオウに敗北するまで続く文字通りのスペシャルATで、継続率は77.7~90%。1度突入すればどこまで伸びるか分からないという、初代同様の感覚を体験できるだろう。

ですって。

~ゲームフロー~

続いて強敵くん

「北斗の拳 かわいい」の画像検索結果

~機種概要~

累計62万台のメガヒットを記録し、今なお記録と記憶に残る初代『パチスロ北斗の拳』。シリーズを重ねるごとに進化を遂げてきた本機だが、今作では一世風靡した初代のゲーム性を色濃く反映させ、差枚数管理型ATで登場した。
AT「激闘乱舞」までの道のりは、滞在モードとレア小役が鍵を握っており、中でも中段チェリー(AT当選率25%以上)などの強レア小役が重要になってくる。モードは基本的に「低確」「通常」「高確」のいずれかに滞在しており、ATに当選すると「前兆」に移行、文字通り最大32ゲームの前兆を経てバトル演出などで告知される。モードアップ抽選はレア小役がメインで、滞在モードはステージ移行や演出などから推測できる。なお、モード転落抽選はリプレイ成立時に行うため、ヒキ次第では上位モードに長く滞在することも可能だ。
また、今作にはチャンスゾーンが2種類搭載されており、角チェリー・弱チャンス目成立時に突入抽選を行っている。1つ目は「ひでぶ(ポイント)」獲得型の「伝承の刻」で、20ゲーム消化時に獲得しているひでぶ数に応じてATを抽選する。もちろん、多く獲得しているほど当選に期待でき、MAXの100ひでぶに到達すればAT+αを得られる特典がある。2つ目は前作『パチスロ北斗の拳 転生の章』で人気を博した「神拳勝舞」システムを取り込んだ「七星勝舞」。これは7ゲーム間に渡って毎ゲームレバーONの一発勝負を行うガチ抽選ゾーンとなっており、バトルに勝利すればATに突入する(トータル期待度約83%)。これらのゲームシステムにより、ゲーム数に依存せずどこからでもATを狙えるようになっているのが通常時の大きな魅力だろう。

ですって。

~ゲームフロー~

ws000006

最後に修羅くんです。

「北斗の拳 リン かわいい」の画像検索結果

~機種概要~

記録的ヒットを収めた初代以降、不動の人気を誇るパチスロ「北斗の拳」シリーズに、最新作『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇』が登場した。本機は原作後半のエピソードである「修羅の国篇」をモチーフとしており、新筐体「羅将model」を採用。ゲーム性に関しては、通常時は北斗定番のシステムを、ART中は『パチスロ北斗の拳 転生の章』の「勝舞魂(しょうぶだま)」システムを継承しているぞ。
通常時はレア小役によりモードをアップさせ、上位モードほどART当選期待度が高くなるという北斗王道のシステムに。モードアップ期待度は「角チェリー<チャンス目<弱スイカ<中段チェリー<強スイカ<強チャンス目」の順に高くなり、ステージで滞在モードを示唆している。ステージは全4種類あり、全て新規のものに変わっているが「ハンステージ(シンステージ)<ヒョウステージ(サウザーステージ)<カイゼルステージ(ジャギステージ)<カイオウステージ(ラオウステージ)」と、その期待度と役割はこれまでのシリーズを踏襲している。
一部レア小役成立後に発動し、32ゲームのカウントダウンを行う「北斗カウンター」も健在で、本機では「真・北斗カウンター」へと進化。同一レア小役の重ね引きによるモードアップが行われるようになった。「緑カウンター」はスイカ成立により発動し、最大4段階までアップする。2段階目以上は通常モード濃厚となり、4段階目到達で高確濃厚!? 強スイカ成立時は2段階アップする!? 「赤カウンター」は中段チェリー成立で発動。最大2段階で、2段階目到達なら高確濃厚となる。「紫カウンター」は強チャンス目で発動。1段階目の時点で通常以上が濃厚となり、MAXの2段階目到達なら高確濃厚だ。
レア小役成立時のART当選期待度に関しては「角チェリー<弱スイカ<チャンス目<強スイカ<強チャンス目<中段チェリー」の順にアップ。最上位の小役である中段チェリーは、高確中の成立ならART当選が濃厚に。低確or通常モードでもART当選期待度25%というのも従来通りの性能となっている。さらに本機は「天舞の刻(獲得枚数150枚)」と呼ばれるリアルボーナスも搭載しており、中段チェリーor強チャンス目成立時はボーナス同時当選も期待できる。
天舞の刻中は成立役により「あべし」の獲得を抽選(ベル<チャンス目<角チェリー<中段チェリー)。あべし獲得数が多いほどART突入期待度が高くなり、1000あべし以上でART突入濃厚だ。1000あべしを超えた場合は初期勝舞魂の上乗せを抽選するので、あべしの引き損は起こらない仕様になっている。ボーナス消化後は「修羅バトル」が発生してARTの当否をジャッジ。バトル勝利でART突入!? ART中に当選したボーナスは「闘神演舞TURBO」と名称が変化し、ボーナス中に勝舞魂の上乗せを抽選。通常時でも高確中にボーナスが当選すると、いきなり闘神演舞TURBOからスタートすることもある。

ですって。

~ゲームフロー~

ws000007

ハイ!

ザックリとこんな感じですね!!

 解析など詳しい情報が欲しい方はゲームフローの画像を

クリックorタップ

してくださいね!ご用達の一撃サイトに飛んでいきます。

お好きな

北斗で

お楽しみ下しあ

「北斗 アミバ」の画像検索結果

記事のページへ